>> T'sHAIR easeでの取扱商品はこちら <<
 

店長紹介

ノンシリコンシャンプーって・・・

「ノンシリコンシャンプー」とやらが巷で流行っておりますが、

はてさて、髪にはどうなのでしょうか・・・

というわけで、今日は「シリコン」について少し。

シリコンは、ネット上になっていて空気、栄養、水を通します。

熱・摩擦・紫外線にも強く、科学反応しにくく、アレルゲンにも

なりません。

最近では”悪者”扱いされていますが、シリコンは安全性の

高い”いいヤツ”なんです。

では、そもそもシャンプーに入っているシリコンは、どんな

役割を果たしているのでしょう。

その役割は、ダメージヘアのコーティングと、痛んだ髪の

補修なんです。

ですから、ダメージヘア、ハイダメージヘア、髪の長い方は

シリコンの入ったシャンプーの使用をお薦めします


もしもノンシリコンのものを選ぶとしたら、シリコン以外の

コーティング剤が必要になりますが、シリコンより安全性が

高い物質は「油(椿油など)」です。

ところが、ほとんどのシャンプーはアルコール系シャンプー

と呼ばれ、脱脂力が非常に強いため頭皮や髪の油分を

奪ってしまいます。

ノンシリコンでアルコール系となると、コーティングしてくれる

物質がないため痛んで仕方なくなります。

アミノ酸系シャンプーであれば、肌への刺激も少なく髪の

油分は残りますが、残念ながら油分では痛んだ髪の補修、

修復はしてくれません。

ですから、軽いダメージ程度の方までならノンシリコン

シャンプーでも大丈夫ですが、重いダメージヘアの方には

シリコン入りをお薦めします。

-----------------------------------------------------------------------
×【ノンシリコンシャンプーの悪いところ】
 ◆シリコンがコーティングしてくれていたダメージ部分が

  露出し、キシキシします

 ◆シリコンが守ってくれていた熱に晒されます

 ◆時間の経過によって油が酸化し、匂いがキツくなったり、

  ベタついたりします
-----------------------------------------------------------------------
◎【ノンシリコンシャンプーの良いところ】
 ◇髪の毛にツヤが出る

 ◇パーマ、カラーが入りやすい
-----------------------------------------------------------------------

とはいえ、シリコン入りもノンシリコンも市販のものから

美容室専売のものまで数多くあります。

シリコンが入っている入っていないに関わらず、使用

されている成分によって髪にいいものもあれば悪いもの

もあるのです。

「ラウレス硫酸」「ラウリル硫酸」という成分がメインと

なっているシャンプーは洗浄力が強力なので、避けた

ほうがいいかもしれません。


美容院専売のシャンプーは、多くの場合市販のものに比べて

質の高い成分を使用しています。

なので、市販のものよりお値段は若干高めですが、やはり

髪にはいいのです。

髪は長~い友達ですから、いいものを使ってあげてくださいね。

お得なセール、やってま~す!!
http://www.tsfamiliar.com/SHOP/145821/list.html


コメントする

名前

URL

コメント

Information

▼定休日カレンダー
  • 今日
  • 完全休業日
  • 配送日(×:問合せ)

★お問合せ及び電話注文については、上記営業日の10:00~18:00にて受け付けております。※弊社都合により臨時的に受付時間の短縮を行う場合がございます。予めご了承くださいませ。

PR

ページトップへ