店長紹介

熱中症は女性がなりやすい!?

今月5日(月)~11日(日)の1週間で、熱中症で救急搬送された方は全国で9,815人、
そのうち亡くなられた方は17人にも上ったそうです。

体内の水分が不足するなどして汗をうまくかけなくなり、体温が上昇して起こる熱中症
ですが、その主な症状としては頭痛、吐き気、だるさ、意識障害などがあります。
そして、最悪の場合には死に至ることがあるのです。

女性は男性よりも熱中症リスクが高いという説もあるそうですので、女性の皆さんは
特に気をつけてください。

その理由としては・・・
 ①男性に比べて筋肉量が少ないため体内の水分含有率が低い
 ②男性に比べて汗腺の数が少ない
 ③ダイエットやむくみを気にして水分の摂取を控えてしまう
 ④利尿作用のあるダイエットサプリを服用している
 ⑤(男女を問わず)加齢とともに水分量が減少する

などが挙げられます。

汗をかくのは体温を下げるためですが、この機能は自律神経が担っています。
生活のリズムが乱れると自律神経のバランスが崩れます。
冷たいものばかり摂っていると消化機能がダウンします。

気温が上昇しても、自律神経がバランスよく働いていれば汗をかいて熱を下げられ
ますが、疲れや睡眠不足によって自律神経のバランスが乱れたり、冷たいもの
ばかり摂って消化機能が低下すると「夏バテ症状」が起こり、さらに水分不足による
脱水状態が加わると「熱中症」へと進行します。

熱中症は「炎天下の屋外で発症」というイメージが強いかもしれませんが、屋内や
睡眠中など、普段の生活の中でも起こる危険がありますので、しっかり対策を!

-----------------------------------------------------------------------------------------

【熱中症対策のポイント】
 ◆「しっかり汗をかける」カラダを作る⇒毎日入浴して温度刺激を与える
 ◆筋肉量を増やす⇒適度な運動をする
 ◆汗をかいたら蒸発させる⇒風にあたる、吸収性の高いインナーを着る
 ◆正しい水分補給をする⇒1日3回の食事を欠かさない、こまめに水分補給する
 ◆暑いときは体温を下げる⇒首元や顔に風を送る

-----------------------------------------------------------------------------------------

そうそう、「暑い夏はビールで水分補給!」と考えているそこのあなた!
アルコールには利尿作用があるので、飲んでも尿として排泄されてしまい、
水分補給にはなりませんから~。
念のため。

摂り過ぎても摂らなくても人間に影響を及ぼす「水分」って、ホントに重要ですね。
カラダだけでなく髪にも水分は大切です。

http://www.tsfamiliar.com/SHOP/FL009.html
ドライヤーやヘアアイロンの熱でコラーゲンPPTの被膜を作り、保湿力を高めます。

コメントする

名前

URL

コメント

Information

▼定休日カレンダー
  • 今日
  • 完全休業日
  • 配送日(×:問合せ)

★お問合せ及び電話注文については、上記営業日の10:00~18:00にて受け付けております。※弊社都合により臨時的に受付時間の短縮を行う場合がございます。予めご了承くださいませ。

PR

ページトップへ