Familiar-髪にイイモノまとめ-

ノンシリコンとシリコンはどちらが良いの?

「ノンシリコンシャンプー」が流行っておりますが、「髪にイイモノ」は流行り廃りではないのです。
そこでノンシリコンとシリコンについて某まとめサイト風(!)にまとめましたので
商品検討のご参考としてお読みくださいませ。



シリコンは悪者ではありません。
区切り線(グリーン)

シリコンはネット状になっていて、空気、栄養、水を通します。
熱・摩擦・紫外線にも強く、科学反応しにくく、アレルゲンにもなりにくいなど、さまざまな特徴を持っています。ノンシリコンが流行して最近では”悪者”扱いされていますが、シリコンはその特性から様々な分野で活用されるほど安全性の高い素材なのです。


では、そもそもシャンプーに入っているシリコンは、どんな役割を果たしているのでしょう。

●シリコンの役割
 ダメージヘアのコーティングと、痛んだ髪の補修といった髪をガードする作用

●シリコン入りシャンプーが合う人
 ・ダメージ毛~ハイダメージ毛の方
 ・ロングヘアの方
 ・枝毛・切れ毛が気になる方
 ・髪をしっとりさせたい方




ノンシリコンは重いダメージ毛には不向き
区切り線(グリーン)

もしもノンシリコンのものを選ぶとしたら、シリコン以外のコーティング剤が必要になります。
シリコンより安全性が高い物質は「油(椿油など)」などです。
ところが、残念ながら油分では痛んだ髪の補修・修復はしてくれません。シリコンほど即効性があって補修力のあるコーティング剤はなかなかないのです。

したがってダメージのことを考えると、シリコン入りシャンプーが良いのです。それでもノンシリコンシャンプーを選んだ場合には、別途、補修成分の高いトリートメントなどで補う必要がありますのでその点をご注意ください。


●ノンシリコン入りシャンプーが合う人
 ・健康毛~軽いダメージ毛
 ・頭皮(スカルプ)ケアを重視している方
 ・ショートヘア~セミロングヘアの方
 ・さらさらにしたい方



ノンシリコンのまとめ
区切り線(グリーン)

最後にノンシリコンシャンプー良いところ・悪いところをまとめました。

【×】ノンシリコンシャンプーの悪いところ
 ・シリコンがコーティングしてくれていたダメージ部分が露出し、キシキシすることがある
 ・シリコンが守ってくれていた熱に晒されることがある
 ・時間の経過によって油が酸化し、匂いがキツくなったり、ベタついたりすることがある


【○】ノンシリコンシャンプーの良いところ
 ・髪の毛にツヤが出る
 ・パーマ、カラーが入りやすい


区切り線(グリーン)

いかがでしたか?正しい知識で自分にあった「髪にイイモノ」を選んでくださいね。







Information

▼定休日カレンダー
  • 今日
  • 完全休業日
  • 配送日(×:問合せ)

★お問合せ及び電話注文については、上記営業日の10:00~18:00にて受け付けております。※弊社都合により臨時的に受付時間の短縮を行う場合がございます。予めご了承くださいませ。

PR

ページトップへ